カテゴリ:子どもたち( 37 )

放課後パトロール

今日は、小学校のボランティア活動で放課後パトロールをしました。
パトロールといっても、こどもたちが下校する時間帯にひとりで黄色い腕章をつけて歩き回るだけなので、それほど難しい仕事ではありません。
危ないことをしている子には注意しなくちゃ!と腕章をつけて家をでました。

ところが信号でダッシュする子はあっという間に見えないところまで行ってしまうし、ぶつかりあいながら嬉しそうにスキップする女の子は、果たしてこれは注意するレベルだろうか、楽しそうだしな…周りに人がいないなら、いいか…?と迷っているうちにすれ違ってしまうし、慣れない仕事ははかどらず。

前方に高学年らしき3人組発見。
あきらかに2対1で体を押さえつけたりしています。
細い歩道でふざけあうものだから危ない!
今こそ注意だ!

「危ないよ、細い道だからふざけすぎないでね」
と低い威厳のある声で注意し、高学年の子たちが神妙に「はい」とうなずき、注意されちまったぜ、というような顔をしている3人を背筋をピンとのばして追い越して、また歩き始めたところに、さらに前方にもっとふざけた集団発見。
今度は小さな体の4、5人がじゃれあっています。

なんだか嫌な予感がする…近づきたくない…
近づいていくと…やはりわが子ではないか…

後ろからの視線を感じつつ、ゆっくり進みたいけれどそうもいかず、そうこうしていたらあちらも私に気づき、

「オーーーイ!ママ―ーーーー!」
と大声で叫び両手を振ってきました。

後ろが振り向けない…

追いつくと、次男と友達3人はランドセルじゃんけんの真っ最中。
じゃんけんで負けた次男は4つのランドセルを持ちながらヨタヨタおどけて私に寄りかかってくるのを
「広がったら危ないよ、ランドセルじゃんけんするのはいいけど(よいのか?)車から離れてまっすぐ歩きなさい」
と威厳なく(全然きいてくれない…涙)注意していたらさっきの3人組に追い抜かされました。

オバチャン、カッコワルイ。
[PR]
by mugica | 2016-04-27 18:08 | 子どもたち | Comments(0)

テニススクールに通っている次男は、同じクラスに苦手な子がいるそうです。

小学校の帰り道に転んだと言ってテニスを休み。
ちょっと鼻水が出ていただけで休み。
行く直前にポロポロ涙を流して行きたくないと言ったこともありました。

先日、テニスに向かう車の中で、なんだか節をつけながらブツブツ言っています。
よくきいてみると
「きらいな子なんてムシムシ!グイッと上みてつきすすめ!」
と何度も呪文のように繰り返しているのです。
最近よく読んでいるマンガの中の言葉かと思って、後からきいてみると、マンガのセリフは後半部分。
前半の「きらいな子なんてムシムシ!」は次男が自分に言っていたことば。
なんだか感動しちゃったよ。
お母さんも使おう。

そっちからぶつかってきて無視するサラリーマンなんてムシムシ!ぐいっと上みてつきすすめ!
嫌なオッサンなんてムシムシ!ぐいっと上みてつきすすめ!
こっち見て笑ってる女子高生なんてムシムシ!ぐいっと上みてつきすすめ!

小さいな、自分…笑

無視=相手を切り捨てるということではなく。
嫌な感情から離れて、まずは離れて、気分を切り替えることができたら。
8歳に教えられてしまいました。
[PR]
by mugica | 2016-04-14 15:31 | 子どもたち | Comments(0)

夏休みSTART!

今日は7月最終のパンの配達の日でした。
8月は1ケ月間パンの配達をお休みします。
9月にはまた再開しますので、よろしくお願いします。

夏休み。。。といってもそれはパン屋の話。
中学生と小学生の男子2人の母は、休みなしです。
中学生の長男は、「中学校になると忙しくなるよ、家にあまりいられなくなるよ」と周りからきいていたのに、ゆるいクラブに入ったために毎日ヒマそうです。
ヒマが服をきてゴロゴロし、寝ころんでマンガを読み、パン焼きに走り回っている母さんに用事をいいつけます。
小学生の次男は、7月中は仕事があるから、とルーム(学童)に通っていましたが、明日からは家にいます。
あー…仕事していた方が、、、楽だったかもネ…^^

でもま、反抗期を迎えつつある長男をみていると、こうして3人くっついて過ごす夏ももういくつもないのだろうなあ、と感じます。
夏休みを楽しもう。

ウルサイけど…
部屋、散らかるけどネ…
最近パンのことばかりのこのブログですが、夏休みはちょくちょく日記をアップしたいと思います。
バタバタ日記になる予感。

夏休み。
お母さんたち、がんばりましょう。
[PR]
by mugica | 2015-07-31 21:04 | 子どもたち | Comments(0)

弁当男子

b0140079_1058432.jpg

久しぶりに子どもの話を。

長男くんは11歳、6年生になりました。
この看板の原画であるハンコを作っていただいた時は長男くん6歳、次男くん2歳。
5年前に津久井智子さんが出張ハンコ屋さんで木更津にいらした際、「6歳と2歳の男の子がパンを食べているところをお願いします」と言って彫っていただいたものです。

「今度のお弁当、ボクが作るよ」
2週間ほど前、長男くんが言いました。
「これ、作りたいんだよね」
と見せてくれたのはこれ。

b0140079_10583686.jpg


ワンピースの海賊弁当です。
肉ばっか(笑)野菜一切なし。
写真は今年の運動会で私が作ったもの。
これがとてもおいしくて、自分でも作ってみたいんだって。
 
「いいけど、時間がかかるよ。早起き、できる?」
「フン(なんてことないさって感じで人差し指を振りながら)、できる!」
「じゃあ、材料はお母さんが買っておくね。」

前日。
「長男くん、明日は6時には起きてね。本当に全部作るの?お母さん、どれか作っておこうか?」
「いや、僕が全部つくる」
「じゃあ、そろそろ寝ないと、明日の朝起きられないよ」
「だって、ここまでいかないと、やめられないんだよ!」
次男くんとのゲームになかなかきりがつけられず、就寝したのは10時を過ぎていました。

今朝。
6時。
。。。起きてこないね。。。パパ、長男くんを起こしてください。

5分後
「ハロー!エブリバディー!」(うちの長男くん、寝起きはめちゃくちゃよいのです。目を開けた瞬間からハイテンション)
「おはよう、早く始めないと間に合わないよー。冷ます時間だってあるんだからね」
「分かってまーす!」
「じゃあ、何に1番時間がかかるか考えて、それから始めてごらん」
「えーと。あれ?おかしいなー。確か……」

本がない Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

「昨日読んだんだけどなー」
「昨日?昨日だったらその辺に落ちてるよ。」
「おかしいなー。昨日本当に読んだんだけどなー」

10分経過。
「本当に昨日読んだのか?」と疑い始めた私は棚を探すと、棚の奥の奥の奥で発見 ヽ(`Д´#)ノ

「なんでこんなに奥に入り込んでるの!昨日読んだわけないじゃないの」
「あれ~?本当に読んだんだよ。こうやって作るんだな、ってちゃんと予習したんだよ。あれ~?一昨日だったかな?」
……1週間以上前に違いない。いや、話をもってきた2週間前かもしれない。

「いいから、じゃあ、早く始めなさい」
「じゃ、まずスパゲティーゆでてっと」
「ちょっと!待って。お肉は下味つけて20分~30分おくでしょう。お肉から始めないと」
「え~?お肉ってそうなの?」
「…本当に読んだの?」
「読んだよ!忘れてただけ。あっ本当だ。20分~30分おくって書いてある。じゃあお肉が先だな」
忘れてた……昨日読んだのに?とつっこみたい気持ちはおさえ、なにしろ時間がもうギリギリ。

「ママ―、お肉、お肉。どこにあるの?」
と冷凍庫をさがしはじめ、、、
冷蔵庫からお肉を出してやると、
「お肉は500gか!」
それは4人分でしょう???
「えーと、500÷4は、、、1、、、いや、2?あれ?」
125!
でもそんなの適当でいい。だいたいでいいの!

無事、お肉に下味をつけ、スパゲティをお湯に入れてタイマーをセット。
「よし、これで10分自由時間だ」
と台所から出て行こうとするので
「卵とソーセージはどうするの」
「あっ、そうか」
卵を鍋に入れ、ソーセージを焼き、
「はあ、あと4分か。やっと自由時間だ」

ヨロヨロとマンガを読みにいき、、、案の定戻ってこない。
「ちょっと!もう4分たつよ!スパゲティのびちゃうよ!」

ここらでパパが「大変だネ。ガンバッテネ」とそそくさと会社に出かけていき、次男を起こさなくてはいけない時間になり、長男もご飯を食べなきゃいけないし、デザートのフルーツはまだ手つかずだし、それはもう、修羅場でした……

それでも、なんとか形になりました。

b0140079_1120058.jpg


肉ばっか((´∀`))
卵、切ってないよ、、、
でもおいしそう((´∀`))

朝から疲れました!
けど後から振り返ると、、、ちょっと楽しかったかな?
爽やかな朝の空に怒号が鳴り響き続けましたが(笑)

弁当男子、最初の1歩です。

うらやましがる次男くんに
「今度、お兄ちゃんに家で作ってもらおうよ」
と言うと
「いや、疲れた。当分いい」
ですって。
いやいやいや、そんなこと言わずに。
[PR]
by mugica | 2014-10-29 11:24 | 子どもたち | Comments(0)

夏休み*2*映画

夏休みの映画はたくさんあれど、小6と小1の見たい映画はなかなか一致しません。

「ゴジラ」「るろうに剣心」「超高速参勤交代」が見たいという兄。
「ドラえもん」「アナと雪の女王・日本語版」(DVDで英語版を見ましたが、小1には字幕は難しかった)という弟。

兄は弟のみたい映画を「だって全部お話しってるもん」と言い、弟は兄のみたい映画を「こわい。むずかしくてわからない」と言う。
どちらの言い分もごもっともですが、ここは!弟をたてていただきましょう。

STAND BY ME ドラえもんは3D版と2D版があり、ここは兄のご希望通り3Dに。
次男と私は、3D初体験。
気持ち悪くならないか心配しましたが、最後まで楽しく鑑賞できました。

静ちゃんかわいいわあ。
3Dになるとブサイクキャラはブサイク度が、美形キャラは美形度がアップするね…。
その結果、大勢のブサイクたち(のび太含む)の中に美形静ちゃんと出木杉くんが際立っていました。
ほとんど知っている有名な話ばかりだったけど、なんだか泣けました。
エンドロールの曲の声が切なくて、ますます泣ける…。

会場が明るくなって次男くんが
「僕ね、泣きそうになっちゃった」
と言うから嬉しくなって
「えー、やっぱり?ママも!ママ、ドラえもんが帰ってくるところで泣けちゃった。次男くんは?」
「僕はね、ジャイアンにのび太がお金を取られるところで涙が出ちゃった」

涙のポイントは全く違ったねっ (*^▽^*)

映画の後は恒例のゲーセン…チッ、このシステム、名古屋にもあったか…。
最近の映画館にはゲームセンターが同じビルに入っていることが多く、映画の半券を見せるとメダルが何枚かもらえたり、クレーンゲームができたりします。
この日はメダルに交換。
ゴーカイにギャンブル性の高い機械で遊ぶ長男、ローリスクローリターンの機械で遊ぶ次男。

次男が残り少ないコインを大事にかかえてちびちび使っていたら、見ず知らずのお兄さんが「オレ、もう帰るからこれ使ってもいいよ」とコインをくださいました。
すでにスッカラカンになっていた実のお兄さんにたかられ……(/TДT)/
こっちやろうぜ!とハイリスクハイリターンの機械に連れていかれ、ジャブジャブ使いだします。
b0140079_811777.jpg

「ちょっとー、次男くんにもやらせてあげてよ」
おずおずと機械にメダルを入れる次男くんも、まんざらでもなさそう。
兄ちゃんの豪快っぷりに憧れてはいるんだね…でもすぐになくなっちゃうよう…

しかし…
b0140079_7513240.jpg


帰れない…
お母さんもう帰りたいわー。
もらったコインで大当たりし、使い切れずに預けてきました。
このシステム、名古屋にもあったか…チッ。
また来るはめになりましたよ…。
今度はお母さん、本を持って来よう。
[PR]
by mugica | 2014-08-14 08:02 | 子どもたち | Comments(0)

実家ですごす夏休み。
夏は車で帰ってくるので、機動力があります。
千葉だとお休み中でもあれこれパンの仕事のことをしてしまうけれど、ここにはなんにもない。
子どもたちと遊ぶのみ!です。

名古屋の駄菓子街にあるオモチャ問屋。

b0140079_7524596.jpg


安い!しかしロット数が多いものが多い……こまを買うには25個。シャボン玉は30個セット。
そんなにいらないわ…数で割れば激安なんだけどね。
その中にも1個売りしてくれるものもあり、それぞれ買い物しました。

長男。行軍将棋
b0140079_821130.jpg

。。。なんでしょう、これ。
「おおー、これは噂にきく軍人将棋!」と目を輝かせていましたが、噂にきいたことありますか~?
「こち亀」に出てきたそうです。
わが子ながら昭和な奴…。

次男。妖怪ウォッチお皿&財布
b0140079_823310.jpg

大人気ですね!
5月に初めて知ったのに、今では全キャラいえるくらいのはまりぶり。
長男の時のポケモンよりもすごいかも…。
しかし長男の時の経験で、キャラものの命は短いことを私は知っている。
だから上靴入れや鞄など、長く使うものは買うのをためらっていました。
お皿と財布なら、ま、いいね。
別の日にTシャツも買っちゃったけどね、、、家の中がキャラだらけになるのって、親の責任だよね……。
長男が小さい頃、「もう、家の中トーマスだらけじゃん!」と怒った私に、パパが冷ややかな視線を送ったことが忘れられない……( ゚д゚)ハッ!

私。妖怪ウォッチカード。
b0140079_83233.jpg

ええーー!お母さん!!(長男・次男)
だって、これだけはやってると、お母さんも買ってみたくなるじゃん…。
1回ずつひかせてあげるからさ…。
カードってひく時のワクワク感が好きです。
次回の自宅販売の日にお客さんにもひかせてあげよう。先着順ね。
長男「まさかママ、商売する気じゃないだろうね」
それもいいねぇ~~

水鉄砲2挺。
b0140079_895815.jpg

ありあまるエネルギーをご自身で発散していただきましょう。
母さんは見ています。
戦闘準備。
b0140079_8112457.jpg

この後、アップできないほどの惨状になり、ばっちゃんの雷が落ちました( ̄▽ ̄)

水風船30袋。
b0140079_8143842.jpg

パパに知れたら怒られそうですが、この数しか買えないのです。
それにちまちま買うよりも、断然安い。
この夏は水風船合戦し放題よ!
[PR]
by mugica | 2014-08-13 08:21 | 子どもたち | Comments(0)

ギョーザ大会 3

我が家では恒例になっているギョーザ大会。

皮を多めに買って、子どもたちに自由に作ってもらいます。

今日は、夕方にマンガを買いに行った兄ちゃんがなかなか帰ってこず、次男と2人で始めました。
次男くんはいつもは保守派で定番の形ばかり作るのですが、今日ははじめから「人形を作る」。
自由すぎる兄ちゃんを持つと、今まで自分くらいはちゃんとしなきゃと遠慮していたのでしょうか。
今日は自由に作っていただきましょう。

人形とボール

b0140079_20292338.jpg


花とネギ(笑)

b0140079_202954100.jpg


そこに兄ちゃんご帰宅。
「よーし、今日は最初から変わったのを作るぞ!」
いつもだよネ……



b0140079_20304535.jpg


もうなんだかよく分からない…。
最後の方で肉ダネが余りそうだったのでいっぱい詰め込んでいました。

b0140079_20312195.jpg



回を重ねるごとに混沌としてきた。カオス ( ̄w ̄)

普通の形のギョーザも、保守派のパパ用に私がたくさん作りましたよ。
でも意外に、円盤型のギョーザやネギ型ギョーザがおいしく、母さんは子どもたちからおすそわけしてもらいました。

今日もギョーザ皮100枚分完食。


前回はこちら

前々回はこちら
[PR]
by mugica | 2014-06-04 22:05 | 子どもたち | Comments(0)

あなどれない小6男子

今日の夕食の長男(小6)の話

「女子はねー、太陽系がたくさんあるんだよ。
ある女子の周りに何人かの女子が回っていて、それを太陽系Aとすると、また違う女子の周りに数人の別の女子が回ってる太陽系Bがある。
たとえば〇〇さんと△△さんと◇◇さんが太陽系Aとすると●●さんと▲▲さんのいる太陽系Bがあって、さらに□□さんと▼▼さんと◎◎さんのいる太陽系Cもある。
そして複雑なことにはその太陽系の中にも分かれている太陽系があり、たとえば太陽系C内には小さな太陽系Dと太陽系Eが存在する。

それに対して、男子は銀河系みたいに、数人のボスの周りをみんなが回ってる。
だから、遊ぶとき、突然遊ぼうとしても仲間に入りやすいんだよ。
ボスがいいよ、といえばすぐに入れる。
でも女子は太陽系が分かれてるから、別の太陽系では遊びにくい。
太陽系Aと太陽系B、太陽系Cは仲良くないわけではないけれど、別の太陽系では遊びにくいんだ」

いつものたわいもないおしゃべりだと軽くきいていたら、すごく深くてびっくり。

わが子ながらすごいわー………
女子の女子たるところをよく突いてる。
[PR]
by mugica | 2014-05-25 06:50 | 子どもたち | Comments(2)

迷子の迷子の…その2

b0140079_20334796.jpg


(今日のブログ、千葉駅周辺の地理を知らないと分かりにくいかもしれません)

千葉駅に買い物に行った時のこと。
そごうの駐車場に車をとめ、パパと長男、次男はヨドバシカメラでプラモデルを見てくるというのでそごうの店内で別れました。
そごう内のロフトで買い物中、パパからの着信。
「次男くんとはぐれた」
「しばらく探したけれど見つからない」
「迷子のアナウンスを頼んだ」
あわててかけつけ、事情をきくと、ヨドバシに向かう途中にそごうの店内で見失ったそうです。

パパに男子トイレを探してもらい、手分けして走り回って探したけれど見つからず…その時アナウンス。
「〇〇さん(名字)。お父さまがお待ちです。オーロラモールジェンヌ4階のインフォメーションセンターまでお越しください」
こんなの6歳に分かるわけないっつーの!!
「オーロラモールジェンヌ4階のインフォメーションセンター」が分かれば迷子にならないって!
パパぁーー!どんな頼み方したんだよ!!

見つからずあせっていたので怒りの矛先がパパに向かい、プンプン怒りながら探していると再びアナウンス。
「迷子のお知らせです。緑の帽子に青色のシャツ、ベージュのズボンをはいた〇〇△△さんとおっしゃる7歳ぐらいのお子様が……」
よしよし、訂正したな。

40分ほど探したところ、ヨドバシの携帯コーナーでベソかいている次男くん発見。
そごうからペリエをぬけ、パチンコ店の通路をぬけてひとりでヨドバシまでたどりついていました。
泣きながら歩いていたところを親切な女の人に助けてもらったそう。
ほっとして涙が出ましたー。

「どんな人が助けてくれたの?」
「30歳くらいでちょっと太った女の人」
失礼だな!
恩知らず。
見つかってよかったー

慎重な長男くんに比べ、ヤンチャな次男くんはよく迷子になります。
妙に肝がすわっているところがあり、そごうからヨドバシまで複合ビルをいくつも抜ける複雑な経路ながら、もしかして…と走ったら、そこで見つかりました。
前回の迷子の肝っ玉ぶりはこちら
[PR]
by mugica | 2014-05-21 20:34 | 子どもたち | Comments(0)

運動会

b0140079_18284.jpg


先週土曜日は、小学校の運動会でした。
長男くんは6年生、次男くんは1年生。
最初で最後の2人一緒の運動会です。

お弁当のリクエストは「ルフィの海賊弁当」
飯島奈美さん監修のワンピースの料理本に載っているものです。
これまで何度もリクエストされてきたのだけど、ずっと作らなかったのは、
メニュー「たらこのスパゲティ、ソーセージ、ゆで卵、鶏の揚げ焼き、以上」
まるっきり野菜がない。
全てメインおかず。
でもまー、運動会だし、作るかな、とパパに「見てよ、こんなの作るんだよ!」と本の写真を見せると「うまそー」。
やっぱり3兄弟だ。

できあがりは上の写真。
ブロッコリーひとつも飾りたいのを、ぐっと我慢して再現性につとめました。
完食!でしたよ。

さて、今年は6年生の長男くんが「ボクが席をとってくる」と朝6時半に起きてレジャーシートと簡易テーブルを置いてきてくれました。
運動会の始まる時刻にパパと2人で到着すると…長男くんが場所取りにひいておいてくれたレジャーシートは強風でとばされかけて丸まってしまい、丸まったスペースの他はびっしり他の人のシートがはりつくされており、私たちのスペースはタタミ半畳ほど。
おまけに炎天下!
「日陰にしてね」と言ったのにぃ……
パパの言うことには「朝は日が当たっていなかったらしいぞ」
そりゃ朝6時半にはどこもそうでしょうよ…。

なぜその場所にしたのかは、すぐに分かりました。
6年生の長男くんの真後ろ。
見えるのは長男くんとその仲間たちのおしり、おしり、おしり…(笑)
b0140079_18315829.jpg


いや、笑いごとじゃない、タタミ半畳ほどのスペースに大人2人とお弁当やお茶やらを置いたらせまくてせまくて体操すわりか正座しかできず、目の前の長男はゆったりと椅子に座っているのに、私たちは炎天下お白洲にござをひいてお裁きを待つ罪人のようでした(やっぱり・笑)

お年頃の長男は、自ら近くに場所をとったのに、たまにしかこちらを振り向いてはくれず、なんのためのかぶりつきの席だかわかりませんでしたよ、、、小学校最後の運動会だからま、いっか。
来年は日陰にしよう。

かわいそうなのは、次男くん。
はじめての運動会なのに、ほったらかし。

遠く離れた1年生の席から、さー、お弁当だー!とはりきって親のもとにきてみれば、シートの上はせますぎて4人は座れず体育館でお弁当。。。。ま、結果的には涼しくてよかったんだけどさ…。

毎年、開会式に少し遅刻してくる不届きもののパパとママは、いつも校舎裏のイモ畑の横の日陰にキャンプテーブルを置いて、子どもの出番以外は読書なんかしてのんびり過ごし、出番になるとおもむろに校庭に出かけるという、優雅な運動会生活を送っていたのですが、今年は一転して炎天下、子どもの出番は2倍という過酷な状況。
例年お弁当の後に寝転がるのを楽しみにしていたパパは、寝転がるスペースもない(正座もしくは体操すわり)。
そもそも、今年の席は朝6時半に席取りする人たちばかりのやる気のある席なので、寝転がる人なんて1人もいない。
ふと好奇心で、午後にパパにイモ畑の横(朝9時にきても場所取り可能)を見にいってもらうと、やはり昼寝している人がゴロゴロいたそうです( ´∀`)

来年は小学生1人だから楽だね、、、でもやっぱりちょっとさびしいな。
来年はイモ畑の横じゃダメですかねぇ…
[PR]
by mugica | 2014-05-19 18:41 | 子どもたち | Comments(0)