シュトーレン!

今年、シュトーレン初焼きです。
麦香のシュトーレンは、植物性100%の日本のシュトーレン。
その手順を簡単にご紹介しますね。

パンの基本材料(小麦、塩、酵母)になたね油、メープルシロップ、豆乳を加えてしっとりした生地を作ります。
2/3にレーズン、ラムレーズン(前の年にラム酒につけこんだもの)、干あんず、いよかんピール、くるみを混ぜ込み、残りの1/3はそのまま丸めます。
レーズンとラムレーズンを両方入れるのは、ラムレーズンはやわらかくて混ぜ込む時につぶれやすいからです。
レーズンの形を残しつつ、ラム酒の香りも加えたいため半分ずつ配合しています。
b0140079_16164642.jpg

1/3の小さな白生地を、2/3のドライフルーツ生地より一回り大きくめん棒で伸ばし、ドライフルーツ生地を包み込みます。
ドライフルーツは焦げやすいから。
表面のドライフルーツが焦げて苦くなるのを防ぎます。
b0140079_16172396.jpg

シュトーレン型に成形し、しっかり焼きこみます。
焼き上がりにメープルシロップを刷毛で塗り、シナモンをまぶします。
パンなら30分のところを、1時間かけて焼きこみます。
さらにメープルシロップで表面をコーティングして保存性を増します。
b0140079_16174414.jpg


ぴっちりラップをして、アルミホイルで2重に包みます。

涼しいところに置いておけば10日間は大丈夫。
焼きたては皮が香ばしくしっとりしており、日が経つにつれて水分がぬけてドライフルーツがなじんできます。
お好みの味加減を見つけてくださいね。
私は3日目が好きです。

本場のシュトーレンはもっとリッチな配合で、もっと日持ちするのです。
1ヶ月だったかな…もっとかな?保存食に近いですね。
12月に入るとクリスマスを待ちながら、1切れずついただいていくそうです。
素敵!
でも麦香のシュトーレンは早めに食べてくださいね。

12月中旬からアースマーケットにて販売いたします。
日時、予約については後日お知らせします。

明日はアースマーケットでシュトーレンが試食できますよ。
[PR]
by mugica | 2011-12-01 16:17 | Comments(0)